尾形光琳(1658-1716)は江戸時代の画家、工芸家。
尾形光琳は装飾的大画面を得意とした「琳派」の代表的画家です。
彼は京都の富裕な町衆を主な顧客とし、王朝文化時代の古典を学びつつ、明快で装飾的な作品を残しました。
彼は香包、扇面、団扇、小袖、蒔絵、そして実弟である画家・陶芸家の尾形乾山が作った陶器の絵付けなどを手掛けました。
その非凡なデザイン感覚は「光琳模様」という言葉を生み、現代日本の絵画、工芸、デザイン等に影響を与えています。
画業の開始
光琳は京都の呉服商・雁金屋の当主・尾形宗謙の次男として1658年に生まれました。
呉服商は当時のファッションの先端で、彼は少年時代から能楽、茶道、書道などに親しみます。
こうした環境が彼の画風に大きく影響したと考えられます。
光琳が30歳の頃、父が死去。
雁金屋の経営は破綻しますが、彼は遊興三昧の日々を送り、相続した財産を湯水のように使いました。
その彼も40代になると、経済的な困窮から画業に身を入れ始めます。
彼は狩野派の流れをくむ山本素軒に師事したようです。
公家、大名、役人などの庇護者やパトロンが彼に付きました。
例えば、二条家の当主で、摂政・関白を務めた二条綱平。
あるいは、京都の銀座(貨幣鋳造所)の裕福な役人だった中村内蔵助(1669 – 1730)との親交。
彼は内蔵助の肖像画を描き、彼は内蔵助の娘を引き取り、数年間、養育しました。
その娘は後に光琳の息子と結婚するなど、光琳と内蔵助はパトロン、援助者以上の関係だったようです。
江戸下向と帰洛
光琳は中村内蔵助を頼り、1704年頃に江戸へ向かいます。
経済的に貧窮していた彼は江戸で姫路藩主の酒井家から扶持(ふち)を得て、
津軽家や豪商の三井家、住友家、冬木家などとも関係を持ちました。
冬木家に伝来した「冬木小袖」(東京国立博物館蔵)は光琳が秋草文様を描いた小袖で、
『紅白梅図』屏風(MOA美術館蔵)は津軽家に伝来した作品です。
光琳は5年ほど江戸に滞在した後、1709年に京都へ戻ります。
1711年に京都の「新町通り二条下ル」(二条城の東方)へ新居を構え、制作に没頭。
この屋敷の図面等の資料は現存し、屋敷はMOA美術館構内に「光琳屋敷」として復元されています。
晩年の代表作の1つ「紅白梅図」屏風はこの屋敷の2階の画室で描かれました。