ジーンズの歴史
ジーンズ(英語:jeans)とはデニム生地のパンツのこと。
現代のジーンズはフランス産のセルジュ・ドゥ・ニーム(英語ではデニム)を
アメリカに持ち込んだリーバイ・ストラウスの発案により誕生したといわれています。
語源は15世紀イタリアの港町ジェノバで作られた布地、
あるいはその布地のパンツを着用した水夫たちがジェノイーズと呼ばれたことに由来するようです。
ジェノバは中世ラテン語で Janua 、当時のフランス語では Janne 、英語は Gene 。
これらが入り混じ、現代の jeans というつづりに落ち着いたといわれています。
デニムはゴールドラッシュにわくアメリカ西海岸でテント地としてヒットしました。
アイデアの発案者はリーバイ・ストラウスです。
その生地を虫除け・蛇避けを兼ねてインディゴで染めた製品がブルーデニムでした。
リーバイ・ストラウス社からテント地を仕入れていたヤコブ・デービスは
前後のポケットの両端にリベットを打ち付けます。
この作業ズボンは評判を呼び、よく売れました。これが現在に通じるジーンズの原型です。
彼は「リベットで補強した衣類」の特許申請をリーバイ・ストラウスに持ちかけ、
共同による特許取得申請が1873年に受理。
彼らは販売の権利を分割し、ヤコブ・デービスが初代の工場長に就任しました。
素材はキャンバス生地からデニム生地へ、染料は藍からドイツで開発された合成インディゴへとシフトし、
ジーンズは発展を遂げていきます。
ジェームズ・ディーンが1955年の映画『理由なき反抗』でブルージーンズを着用し、
ブルージーンズは世界中の若者の間にファッションとして普及していきます。
日本ではブルージーンズが1945年以降に広がりました。
アメリカ軍が放出した古着のなかに大量のジーンズがあり、当時の若者が着用したからです。
例えば、当時、それを着用した有名人に白洲次郎がいます。
1963年に大石貿易がデニム生地をキャントンミルズ社から輸入し、国内初のブルージーンズを発売します。
かつては日本では「Gパン」という呼び名が一般的でした。その呼び名の代表的な説を2つあげます。
アメリカの G.I. が履いたパンツだから、「Gパン」となった説。
ジーンズを日本に紹介した人物が「ジーンズ (jeans) のパンツ」という意味で
「Jパン」と名付けようとしますが、「J」の代わりに元の発音に近い「G」を代用した説です。