関西テレビ放送の『アシタノカタチ』にファッションデザイナー桑山豊章をご紹介頂きました。
あらゆるジャンルで注目を集める、若きクリエーター、時代のニューリーダーにスポットをあて、
ものづくりの心を映しだすドキュメント番組。ナレーションは相武紗季さん。

伝統ある着物の意匠や染色技法が用いられた、京都デニム。
生み出したのが、ファッションデザイナー桑山豊章。

京都デニムは、日本の伝統技術が育んだ手仕事の美の結集であり、まさに伝統と現代とのコラボレーション美学。
桑山の中で、伝統とは過去のものではなく、現在。
伝統ある確かな技術を生かすということが伝統工芸の継承にもつながると考える桑山が次に着目したのは京組紐。
個性、自分らしさという言葉をよく耳にする現代においてジーンズにも遊び心や個性を引き出そうと考えた。

そこでコラボレーションしたのが、色彩豊かな組紐だ。ワンポイントではあるが、それぞれの色というものを
ジーンズにしっかりと落とし込んでいる。
桑山はジーンズを着物のように代々受け継がれるものにしたいと考えている。
それとともにそういう良いものを大切に使い続ける日本人の根底にある心を世界中へ発信していきたいとも。