京都デニム|日本の伝統色 桃色

春の園紅にほふ桃の花下照る道に出で立つ娘子(おとめ) 万葉集 詠人知らず
(春の苑は桃の花で紅に輝いています。その下に立つ少女も輝いて見えます。)

冬の寒さが厳しかったせいか、今年は梅の開花が遅れ、
これから見ごろをむかえるところが多くあるようです。
ですが桜の開花予想は例年より三日ほどの遅れだそうです。
今春はもしかすると梅と桜が同時に楽しめるかもしれませんね。
今月はピンクといえばこのお花、桃についてご紹介します。
桃は中国から渡来し、弥生時代には既に食されていたとても古くからある植物ですが、
古代の中国では非常に重要視され、神仙思想に結びつく「仙果」としての意味をもっていました。
中国の故事には桃が出てくる言葉がいくつも残されていますし、「西遊記」や「封神演義」などにも桃が登場します。
桃の木は破邪と延命長寿の霊木ともされていました。
桃の花が流れる「桃花水」を飲むと長寿を得られるという故事があり、
奈良時代の貴族は三月三日に「曲水の宴」を催し
歌を詠み桃の花を浮かべた桃花酒を飲んだといわれています。
三月三日は日本の五節句でいうところの上巳の節句にあたります。
平安時代の貴族は季節の変わり目に身の穢れを払う行事を行っていましたが、
自分の災厄を代わりに引き受けさせた紙人形を川に流す「流し雛」へと発展していきました。
現在のひな祭りの風習が定着したのは室町時代だそうです。
今では上巳の節句よりも桃の節句という言い方の方が一般的になってきています。
また、桃の花は女性の美貌を象徴する言葉としても用いられます。
桃色という言葉には情事に絡む内容が込められることも多く、特に美女を指すときに使われます。
和歌では恋愛が成就することを桃の実がなることになぞらえた歌がよくみられます。
私たちもピンクといえば女性らしい色と一般的に認識していますね。
どうやらそのイメージはかなり古くからあるもののようです。
梅や桜と比べるとお花より果実のイメージが強い桃ですが、
花弁はかわいらしく、枝ぶりは優雅で力強いイメージです。
美味しい実がなる季節を迎える前に、可憐な桃の花をぜひ愛でてみてください。