Works

■京都デニム製造元
■アパレルデザイン企画設計
■伝統工芸品の制作
■和デザイン全般
■呉服製造デザイン
■Wedデザイン

有限会社豊明が着物の製造技術で培った、日本伝統工芸の歴史ある「本当の和」は
真の伝統工芸のクリエイティブワークで、より現代的に表現され進化を続けています。
京都1200年の歴史を礎に生まれ、そして育まれた逸品のデザイン・職人の仕事。
伝統の技法・文化を継承しながらも、今どきの感性を映しだして愛され続ける京都のデザイン。
京都の人々が普段の暮らしの中で洗練してきた「ホウメイの仕事」をお届けします。

■ 書造形美術

4000年の歴史がある文字芸術を追求し今に魅せる最高の書造形作美術!!色の中でも一番表現の多い墨の白と黒を使い分け巧みに文字を描く、その文字の精神の静寂は、見る人を魅了する。まさに卓越した書造形美術です。

■ 捺染京友禅染め

8世紀から伝わる染色技法で、手描友禅は17世紀後半に扇絵師・宮崎友禅斎が、画風を意匠に取り入れ、模様染めの分野に生かしたのが始まりと伝えられています。捺染友禅とは
防染せずに染料で柄を描く技法で。染料で奈線を筆で描くことはなかなか困難と熟練のいる 歴史ある染色技法です。

■ 草木染

草木染の魅力は、自然な色との出会いであり染色という業によって知る、色の不思議です。植物 の種類はもちろん、草木を摘む時期、染色する季節などによって、染まる色は違います。表面から見た色とは、全く別の色を発したり、技法によって、色が変わ ることもあります。草木染には、自然とふれあう心地良さ自然の色が織りなす不思議な魅力があります。

■ 西陣本すくい織

すくい織は、一越一越心を込めて,手づくりの幾種類もの櫛を使い分け、下絵にそって丹念に図柄をすくいながら織り上げます。「へら織り」や「くし織り」、「斜めすくい織り」「透かし結び織り」など手わざならではの技術を駆使します。
ざっくりとした独特の風合いで織り手の情熱が垣間見れる織物です。

■ 本場結城紬

おばあさんが糸を引き、お父さんが糸をくくり、お母さんが機を織ります。手織の結城紬は、気候に大きく左右されます。着物の世界で最高の織物とされる「本場結城紬」は、世界に誇れる日本文化の財産です。

■ 点描画染め

何度も何度も筆で叩き色を重ねあわせて一つの色を演出し繊細な点描画染めを生地に写し出して いきます。、まさに神経の入った染め工程です。生地を伸子で張り一つの柄で何時間も時間をかけて描く作業、描いては、色を足して描く、筆で書く世界とはま た一味違う、点の世界です。!

download twilight new moon movie
Copyright(C) 2007-2014 kyotodenim. All rights reserved.